ふつうの人のふつうな生活

ガジェットやら映画やら本の感想から日々の愚痴まで、日記感覚でつけていきます。

SONY α7sⅡ購入後 本体アップデートができない件

Sony α7sii 「SONY α7SⅡ」を購入 タイムラプス機能はどこ? カメラ本体アップデートに四苦八苦 混雑で60分待ち…台風の次の日に問い合わせるな 原因はハブを介したUSB接続 「SONY α7SⅡ」を購入 タイムラプス機能はどこ? 先日、ついにフルサイズ・ミラーレス…

今月買ったもの 「BANG & OLUFSEN/フルワイヤレスイヤホン Beoplay E8」

BANG & OLUFSEN Beoplay E8 購入した経緯 仕様 感想:はじめてのBANG & OLUFSEN(バング&オルフセン) 良い点 カナル型 Comply™ Sportのイヤーピース Transparency機能 ちょっと残念な点:アプリがなくなっている まとめ 購入した経緯 通勤時などは「AirPod…

読書感想:ジェーン・スー著『生きるとか死ぬとか父親とか』

ジェーン・スー著『生きるとか死ぬとか父親とか』を読了しました。 生きるとか死ぬとか父親とか 作者: ジェーン・スー 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2018/05/18 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (6件) を見る 「私が父について書こうと決めたのに…

映画鑑賞『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』

『踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望』鑑賞しました。 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 発売日: 2014/06/18 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 湾岸署管内で開催中の国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が発生し、被害者が射…

読書感想:マツコ・デラックス著『デラックスじゃない』

デラックスじゃない マツコ・デラックス著『デラックスじゃない』を、読了しました。以前から、この人の価値観や姿勢なんかはどこからやってくるのか知りたかったので読んでみました。 デラックスじゃない (双葉文庫) 作者: マツコ・デラックス 出版社/メー…

読書感想:Kemio著『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』

kemioさん著『ウチら棺桶まで永遠のランウェイ』読了しました。 「SNSの申し子」と呼ばれていたkemio(ケミオ)さんの初めてのエッセイです。赤裸々に綴っていらっしゃいました。 あのkemioさんが、どうな本を書くのか気になっていました。マシンガントーク…

映画鑑賞『ビューティフル・ボーイ』

映画『ビューティフル・ボーイ』日本オリジナル本予告 4/12(金)公開 あらすじはこちら。 成績優秀でスポーツ万能、将来を期待されていた学生ニックは、ふとしたきっかけで手を出したドラッグに次第にのめり込んでいく。 更生施設を抜け出したり、再発を繰…

映画鑑賞『フォレスト・ガンプ/一期一会』

映画「フォレスト・ガンプ」 言わずと知れた名作ですね。自分が生まれる前の映画って敬遠しがちな人もいるんじゃないですかね。かく言う私も、最初に観たのは高校生くらいでした。 当時は面白い映画だなと、思いました。その後、著名人や学校で出会った友人…

使っている機材まとめ〜高級コンデジ、GoPro、iPhone XS Max、その他

G7X MarkII きょうは、いま使っているカメラについて紹介しようと思います。 メイン機/Canon PowerShot G7X MarkⅡ サブ機/Go Pro HERO 6 メイン機②/iPhone XS Max 番外編:ONAGOfly 1 PLUS まとめ メイン機/Canon PowerShot G7X MarkⅡ Canon デジタルカ…

映画鑑賞『ヘアスプレー』

ヘアスプレー (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video この商品を含むブログを見る 渡辺直美さんが主演を務めることで話題のブロードウェイ・ミュージカル『ヘアスプレー』。そのニュースをみて、2007年に上映された映画『ヘアスプレー』を観る…

映画鑑賞:「ちいさな独裁者」

映画『ちいさな独裁者 』予告編 あらすじ 1945年4月、終戦まで1カ月に迫ったドイツ。 偶然に軍服を拾った若き脱走兵は、 同時にナチス将校の威光をも手に入れたー。 新宿武蔵野館で映画「ちいさな独裁者」を観てきました。 さっそくレビューしましょうかと…

絶対にしないことをしてみた

こんばんは。 私はいま、とても酔っています。なぜかというと、会社の歓迎会があり、新人はそっちのけで酔っ払っていました。 酔った時の多幸感ってなんなんでしょうね。先日書いたエントリを意識すると、何者にもなれるような気分にさせてくれますね。 今ま…

読書感想:山里亮太「天才はあきらめた」

南海キャンディーズ・山里亮太さん著『天才はあきらめた』を読了しました。 天才はあきらめた (朝日文庫) 作者: 山里亮太 出版社/メーカー: 朝日新聞出版 発売日: 2018/07/06 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (10件) を見る 山里亮太という人間の物語 …

新年明けましておめでとうございます。

新年の挨拶 2019年、明けましたね!今日が仕事始めで鬱の方も多いのではないでしょうか。かくいう、私もそのうちの一人です。12/31〜1/1を永遠に繰り返したいと願っておりましたが、仕事はやってきました。 今年の目標というか、する予定のこと 今年は「指の…

グロムス腫瘍 vol.2 「ヤブ医者に当たってしまいイラつく」

親指の付け根に痛みが走って、ブログを放置していることを思い出しました。 さて、以前書いた「グロムス腫瘍について」の続きを書いていこうと思います。 病院に行くのをためらっていたんですが、ストレートネックで首が限界に達したので整形外科に行った際…

MacBook Air 2018の端子不足を解消!

タイトル通りですが、MacBook AirはUSB-Cのみで、しかも2ポート…という非力さ。 先日まで使用していたMacBook Proは、 USB3.0 x 3 HDMI Thunderbolt SDカード 世の中にあるだいたいのケーブルをぶっ刺さる機種でした。HDDやカメラで使うSDカードは買い換える…

グロムス腫瘍 vol.1 「グロームス (グロムス) 腫瘍が発覚するまで」

グロムス腫瘍 vol.2 「症状はゆっくりと現れる このブログを書こうと思ったきっかけになった、病気について今日は書こうと思います。タイトルにある「爪下グロームス (グロムス) 腫瘍」という病気になりました。どんな病気かというと… 爪下にできる“良性腫瘍…

読書感想 パトリシア・コーンウェル「死層 上・下」

かねてから愛読している検死官シリーズの20作品目にあたる「死層 上・下」を読了。 パトリシア・コーンウェル「死層 上・下」について 簡単に説明すると、検死官ケイ・スカーペッタをヒロインに、さまざまな難事件を解決していく。その時々の最先端科学や医…

MacBook Air 2018を守る強い味方。

Apple信者の二極化 美しいApple製品を、美しく使いたいからケースをつける派。Apple創設者スティーブ・ジョブズはケースなんていらねえ派。Apple信者はケースをつける、つけないで二極化しているもんだと思ってます。かくいう、私はケースをつけて大事に使い…

MacBook Airが届いた!

unboxing 長年使っていたMacBook Pro Retina(Late 2013)を先日売り払い、新しいパソコンを購入しました。やっぱり新しいパソコンはいいですね。嬉しくて、新しいパソコンからエントリーです。 MacBook Proを使っていた経緯と購入まで 以前の職業では、Adob…

ブログの成り立ちと自己紹介

はじめまして。 急に思い立ってブログを開設しました。どうしてかというと、「とある手術」を受ける決意をしたためです。生死を分けるような大病ではございません。なので、インターネット上で検索しても古い情報や個人が書かれたもので分かりづらかったので…