ふつうの人のふつうな生活

ガジェットやら映画やら本の感想から日々の愚痴まで、日記感覚でつけていきます。

MacBook Air 2018の端子不足を解消!

タイトル通りですが、MacBook AirはUSB-Cのみで、しかも2ポート…という非力さ。

先日まで使用していたMacBook Proは、

世の中にあるだいたいのケーブルをぶっ刺さる機種でした。HDDやカメラで使うSDカードは買い換えるのは現実的ではないので、端子不足を補うためにUSB-Cハブを購入を検討しました。

購入にあたっての条件

実は、前職で使用していたMacBook Proにこちらの商品を付けて使用していました。

Satechi Type-C アルミニウム Proハブ Macbook Pro 13/15インチ対応 40Gbs Thunderbolt 3 4K HDMI Micro/SDカード USB 3.0ポート×2 マルチ USB ハブ (シルバー)

  • Type-Cのひとつが反応しない
  • 熱がすごい
  • 心もとない装着感
  • デザイン性は良いが、ボディのカラーと微妙に違う
  • ちょっと高い

こんな感じで「う〜ん…」なハブでした。YouTuberが使っているせいか、評価が高いんですよね。

個人的な購入にあたっての条件のひとつに「ケースを着用する」があるので、密着型は使えません。今回も散々Amazonで探してこちらを購入。

密着型はポートの片方が死んだ時に使用できなくなるので、1ポート式で抜き差しできるものに、そして雑に扱っても良さそうなもの、ケース着用でも問題ないケーブル式にしました。

どうして不満のあったSatechi製にしたかというと、実際に使ってたことがあり質感などを知っていたためです。以前使っていた密着型よりも端子が増えた上に若干安く、ケース着用での使用もできる!個人的に完璧なものが買えた!と思いました。

使用感について

ケーブル部分はかなり太く、ちょっとのことでは抜けそうにありません。猫に噛まれても大丈夫(なはず)。

常時、HDDやスピーカー、HDMIにSDカードを挿していますが、アッツアツになることはありません。重めの作業(映像や画像編集)などを行っている時でも常温といった印象です。

デザイン性に関しては、まあ密着型と比べるとスタイリッシュさは欠けますが「利便さが上回るからいいんだ!」と自分に言い聞かせてれば大丈夫。

周辺機器が充実

こうやって周辺機器を充実させて、よりよいパソコンライフを送ることで豊かな気持ちになることこそが大事かなと思います。散財は経済を回している。そう言い聞かせる。