ふつうの人のふつうな生活

ガジェットやら映画やら本の感想から日々の愚痴まで、日記感覚でつけていきます。

絶対にしないことをしてみた

こんばんは。

私はいま、とても酔っています。なぜかというと、会社の歓迎会があり、新人はそっちのけで酔っ払っていました。

酔った時の多幸感ってなんなんでしょうね。先日書いたエントリを意識すると、何者にもなれるような気分にさせてくれますね。

今まで買うのを悩んでいた高額なカメラや、ちょっといいなって思ってた人にLINEなんかしてみたり、自撮りをSNSにあげてみたり、、、なんでもできそうだ。

今日のクソつまらないと思ってた歓迎会ですら、今となってはとても楽しく思えますし、夜通し飲みたいとすら思います。翌日の辛さを何度も経験しているのにアルコールってやつは何度も夢をみさせてくれるのです。

嫌なこと、してこなかったことある?

今日の歓迎会で「とりあえず嫌なこと、してこなかったことをやってみたらいいじゃん」という話が出ました。私に対してではないですが、その言葉が、とても頭に残っているのです。

自分にとっての嫌なこととは、してこなかったこととは。多幸感に満ちた頭で考えました。

「ひとりカラオケ」

神の啓示のごとく、降りてきたこのアイデアでいまや頭がいっぱいです。最寄駅に着き、どこにカラオケがあったか考えずにはいられません。なんならカラオケしている自分の姿をインスタでライブ配信したいとさえ思います。

アルコールが与えし多幸感は、人をこうも変えてしまうのか。元来、内気で引っ込み思案な私がひとりカラオケにいった日には、スタッフに後ろ指さされ過ぎて死ぬのではと思っていたのに、いまや行きたいとすら思う。いや熱望しているのです。

ほんと、お酒の飲みすぎには注意だよ。酔って書くエントリはきっと支離滅裂だし、財布からお金はどんどん逃げていく。

そんなこんなで最寄駅に着いたのは24時前。私の足は確実にカラオケに向かっています。アルコールが抜けるのを恐れ、トイレに行くの我慢してます。

f:id:yumyummeatball:20190222012956j:image

そして歌うのでした。先日のエントリーで触れた「何者」にもなれると思っていた時期に聞いていた曲たちを歌い、涙が出そうになりました。老いだね、きっと。じゃなきゃ、お酒のせい。

私は「ひとりカラオケを経験したことがある者」になれました。ありがとうカラオケ。ありがと多幸感。ありがと歓迎会。

そして明日も朝から働くのでした。

それでは。